税理士の年収はいくらくらい?

税理士というと、きっと給料はとても良いのだろうと感じるかもしれません。
確かに国家資格になるため、ある程度の給料を望むことは可能でしょう。
しかし具体的にどれくらいの年収になるのか、気になる方もいると思います。
この記事では、税理士の年収がどれくらいになるのか紹介していきます。
しかし、あくまで平均的な数字になるので、税理士事務所によって年収にはかなりの開きが出てくる可能性もあります。
会社の中で、30代になると、ある程度中心になって働くようになってきて、40代になると管理職という立場になるかもしれません。
では税理士の場合、それぞれの年齢によってどれくらい給料が変化するのでしょうか?
あらゆる世代の税理士の給料を平均すると、800万円ほどと言われています。
しかしこれには、開業独立している税理士も含まれているため、あまり参考にはならないかもしれません。
実は勤めている税理士の年収で300万円未満という方は、全体の25%ほどになると言われています。
年収が300万円から500万円という方は、15%ほどになるので、思ったよりも給料が高くないと思われるかもしれません。
しかし開業すると、30代でも700万円以上になることもあります。