弁護士事務所を開くために

昔から、両親は厳しく、テストも100点以外は褒めてくれなかった。
勉強をしても勉強をしてもまだまだだと思っていた。
高校生のときに、弁護士になりたいと思うようになり、そこから弁護士になるための勉強を始めた。
両親は、学校の先生になってほしかったので、反対していた。
今まで、両親の言う通りにしてきたが、今回だけは自分の人生だと思い、貫き通すつもりで、大学にも入り、大学院にもいった。
数年後、やっとの思いで、弁護士になり、信頼信用できる、先輩の下で、しばらく働いた。
そして、弁護士事務所をもつことになった。
いろいろな案件がある中で被害者側につく案件が多く、気持ちが入ってしまわないようにすることに、必死だった。
気持ちが入ってしまうと、正しい判断ができなくなる。
きっと相手には、冷たく感じさせてるかもしれない。
しかし、それでいいと思っている。
いざというときは、あなたの味方ですよというのが伝わればと思っているからだ。
弁護士がいらない世の中に、なってほしいと思うこともある。
裁判になる前に解決できることもあるので、よく考えてほしい。